教育 本 おすすめ関連情報

教育おすすめ本「学校って何だろう」

ちくま文庫の「学校って何だろう」という本は、教育について根本から問いかけています。「どうして勉強しなければいけないの」にはじまり、「教科書は本当に必要か」、「校則はなぜあるの」といった生徒達の疑問について考えています。どうして勉強しなければいけないのか、この答えは人それぞれでしょう。自分の学びたいことを学べばいいのです。しかし、子供のときは経験が浅くて何を学べばいいかがわからないから、教科書を使って教師がわかりやすく教えているのです。私は大人になってしばらく経ちますが、まだまだ知らないことがたくさんあります。「生涯教育」という言葉がありますが、どこで終わりということはありません。学校を卒業したから、もう勉強しなくていいというものではないでしょう。現在疑問に感じている人は、「学校って何だろう」を読んで、一から考え直してみるのもいいかもしれません。特に、学生や教職に就いている人などにおすすめです。