banner

最新の教育 本 おすすめ

教職に就く人のためのおすすめ教育本

banner 教師になった人の200人に一人が、精神疾患で休業しているそうです。「教師の心が折れるとき」という本は、メンタルヘルスケアの仕事をしている臨床心理士が書いた本です。精神疾患になる教師の実態、その予防法として教師本人ができることと、周囲の人がどう向き合えばいいかについて書かれています。精神疾患を患っている人はもちろん、これから教育関連の仕事に就こうという人におすすめな内容です。教育熱心な先生が頑張りすぎて精神疾患になってしまうケースや、周囲の協力者によって立ち直ることができた例などがあげられています。教育熱心な先生が一人だけ頑張るのでもダメで、周囲の人を味方をつけて共に頑張ることが大切ということでしょう。同じ職場にいる先生全員に読んでもらうといいかもしれません。情報を共有すると、説得しやすいのではないでしょうか。また、協力者の中には、生徒の保護者も含まれています。先生を温かい目で見守ってくれる保護者が増えれば、教師は救われます。

48ホールディングスで一緒に働きませんか?

水素吸入 家庭用

株式会社ヤマダ電機でリフォーム工事

アジアにおける雇用を促進している48ホールディングス

関連情報一覧

banner ちくま文庫の「学校って何だろう」という本は、教育について根本から問いかけています。「どうして勉強しな

教育おすすめ本「学校って何だろう」

banner 朝日新書の「できる教師とダメ教師は何が違うのか」という本は、教師の資質について書かれています。子供を

おすすめ教育本「できる教師とダメ教師は何が違うのか」

banner 子供達が騒がしくて授業にならない、教師なら困った経験があるのではないでしょうか。「教師のための叱る技

おすすめ教育本「教師のための叱る技術」