教育 本 おすすめ関連情報

おすすめ教育本「成功する子、失敗する子」

大人になってから「成功する子供」と「失敗する子供」では、何がその子供の将来の成長を決めるのかについて書かれた本です。一般的に、両親が高学歴で裕福な家庭に育った子供は、十分な教育を受けることができるから成功できる可能性が高いと言われています。しかし、この本は高度な教育を受けていたとしても大学を中退したり、学力を活かしきれない職業に就く子供の例をあげています。「最後までやり抜く力」が必要ということでした。アメリカ人ジャーナリストが書いたもので、例にあがっているのはアメリカの最新教育事情についてですが、子供の貧困化が進んでいる日本人にも当てはまるでしょう。最後の章にあるのは、「私達に何ができるのか」です。私達とは、親であり、教師であり、成功する人生を送れなかった人自身なども当てはまるかもしれません。子供の頃は環境に恵まれていて、成功できたかもしれないのに失敗してしまった人にもおすすめです。読んでみてください。